電気を止められてから復旧するまでを解説します

MENU

滞納を解消しないかぎり電気は復旧されない!

電気を止められた人が復旧するのにすべきこと!

 

ズバリそれは、キャッシングやカードローンを利用してでも、滞納した電気代を支払うことです!

 

「生活が苦しい」と言って泣きついても、電気会社も慈善事業ではありません。

 

滞納があれば、タダでいつまでも使用させているわけにはいかないのです。

 

「○日に支払うので待って下さい」という『支払い予定の相談』には応じてくれる可能性がありますが、「お金がなくて支払えない」という『滞納解消の見通しが立たない相談』には応じてくれません。

 

前者のように、滞納解消を解決できる支払い予定がある場合、支払い期限からある程度の遅れであれば待ってくれるケースがあります。

 

約束した期間までに支払いをすれば、電気を止められないで済む可能性があります。

 

しかし、一度電気が止まってしまったら、『滞納を解消しない限り電気は復旧しません』

 

つまり、お金を用意するしか方法がないのです。

 

時間も迫っているので、親や友人に頼む方法もありますが、それでもお金が用意できなかった場合は、キャッシングやカードローンを利用するのが現実的な救命策になります!

 

どうしてもお金を用意できなかった人は、身分証明書を用意してキャッシングやカードローンの審査に申し込むしかありません!

電気代の滞納予防は支払い方法がポイント!

電気代を滞納する人は、『振込み』や『口座振替』を指定している人が多いです。

 

でも、クレジットカード払いであれば、滞納をする可能性が低くなります。

 

クレジットカードは、その時にお金がなくても、クレジットカードの枠が足りなかったり、使用禁止になっていない限りは、支払い漏れがないので安心です。

 

もしもこれまで、振込みや口座振替によって、滞納をしていたのであれば、まずは支払い方法をクレジットカードに変更してしまうのも一つの手段です。

 

支配方法を変更することによって、滞納が防げるのであれば、やはり支払い方法は変えてしまったほうが賢明です。

 

口座振替や振込みは現金が用意できないと、いつまで経っても、支払いの目途が尽きません。

 

そのため、現金に余裕がない人は、デキるだけクレジットカード払いにしてしまったほうがおススメです。

 

ただし、クレジットカード払いの人も、しょっちゅうクレジットカードが止まっていると、電気代が支払えないので、クレジットカードを止められないように気を付ける必要があります。

 

特に利用枠が少ない人が、限度額ギリギリまで張り付いていると、電気代の引き落としができなくなってしまいますので、気を付けましょう。

電気代を安くしたいなら契約アンペア数を下げる方法も!

電気代には、携帯やスマホ代などの料金と同じく『基本使用料』があります。

 

電気代の基本使用料は、【契約アンペア数】で決まります。

 

一番安いのは赤色の【10アンペア】、一番高いのは紫色の【60アンペア】です。

 

自分がどの契約アンペア数か確認するには、分電盤をチェックするのが一番です。

 

 

分電盤にあるアンペアブレーカーをチェックすると、契約アンペア数に応じて色や数字が違うことを確認できます。

 

月々の使用料金が高くて滞納が続いている場合は、やはり基本料金を安くすることが一つの対策になります。

 

しかし、基本料金が安くても、電気の使用量が多い場合は、あまり効果がありません。

 

やはり基本料金を安くするのと同時に、しっかり節電をするのが大事になってきます。

 

節電をすることによって、毎月の支払いを楽になりますので、これまで電気を適当に使っていた人は、自分の生活習慣を見直してみることも大切です。

 

テレビの待機電力などは、無駄使いの代表格です。

 

また、普段使わない部屋やエアコアンなどがある場合は、ブレーカーを落としてしまったほうが間違いありません。

 

ブレーカーが部屋ごとなどに設置されている人は、是非試してみてください。

 

かなりの節電になります。

 

電力会社によって送電再開方法は異なる

そして、電気が止められてしまった場合、送電再開になるまでには、実は色々なケースがあります。

 

というのも、契約している電気会社によって、送電再開の対応がちょっとずつ変わっているからです。

 

たとえば、送電再開の時間という点においては、深夜でも電話連絡があれば24時間体制で復旧してくれるところもあれば、0時以降は翌朝対応になってしまうなど、かなり差があります。

 

そのため、自分の利用している電気会社によって、深夜すぐに復旧できる場合もあれば、出来ない場合もあるのです。

 

確実に知りたい場合は、契約している電気会社に電話などで確認しておくことです。

 

ネットでも電気の復旧について、色々な意見がありますが、必ずしもネットの回答者と自分の利用している電気会社が同じ対応をしているとは限りません。

 

電気をすぐに復旧してほしい人は、デキるだけ昼間の間に支払いを完了し、確認の電話を入れておくことをおススメします。

 

通常、数時間で電気が復旧しますので、昼間に未払いが解消できていれば、その日のうちに送電再開は可能です。

 

何かわからないことがあった場合は、やっぱりまず最初に自分の契約している電気会社に連絡をすることです。

 

直接聞いた方が、やはり情報が正確です。

 

 

更新履歴