電気の復旧のお悩みを解決します

MENU

電気代は後回しにする人が多い!

電気代を止められてしまった人の中には、『電気代を後回し』にしてしまったケースが多くみられます。

 

家賃やクレジットカードやローンなど、支払いを優先したいものが沢山ある中で、電気代が後回しにしてしまう人が多いのは、やはりそれだけ電気代は『待ってもらえる』という甘えが心のどこかであるからだと思います。

 

よく、巷では、『ライフラインは止められにくい』という話が出回っています。

 

しかし、実際には、そんなことありません!

 

滞納が続けば、ライフラインだろうが止まります!

 

家賃や住宅ローンは、支払いが遅れると、家を失う可能性があるので、優先的に支払いをする人が多いように、やはり人間はお金が足りない時というのは、『優先順位』をつけて支払いを済ませていく傾向があります。

 

ローンやキャッシングの返済が怠ると、催促の電話がひどくなるので、優先順位がどうしても電気代よりも高くなりやすいです。

 

そういう意味では、電気代は、あまり電話での催促もなく、甘く考えている人もいるため、優先順位が低くなってしまう人が多いのかもしれません。

 

しかし、電気代を滞納すれば、いずれは必ず止まってしまいますので、必ず支払いをしなければいけません。

 

電気代の支払いが厳しい人は、やはり節電を心がけ、毎月支払いが出来る程度の金額になるように、努力をする必要があります。

 

それでも厳しい場合は、転職などで収入UPを目指したり、副業をしてお金を増やす努力をしないと、なかなか問題は解決しません。

 

復旧は意外に面倒!

そして、電気が一回止められてしまうと、非常に問題なのが、復旧の面倒さです。

 

通常、復旧をするには、滞納の支払いをしたことを電話によって連絡してから、ようやく復旧作業が始まります。

 

「電話一本で復旧できるんだから楽じゃん」と思う人もいるかもしれませんが、やはり中には何か月も滞納していて、気が引けてしまい、電話をかけたくないと言う人もいます。

 

 

そういう人にとっては、電話をしないと、復旧をしてくれないというのは、非常に面倒に思えてしまうでしょう。

 

中には、滞納の支払いをすれば、そのまま自動的に復旧してくれると思っている人もいますが、多くの電気会社では、電話での連絡を必要としています。

 

電気会社によって、復旧の仕方も、違いがありますので、よくチェックをしておきましょう。

 

電気を止められてしまった時は、パニックになってしまうかもしれませんが、電気の復旧は、お金さえ支払えば問題ないので、お金をちゃんと用意するということが、最大の対策になります。

 

クレジットカードやカードローンは、支払いが滞ると、強制解約などになってしまい、サービスの利用自体ができなくなってしまうことが多いですが、電気の場合は、滞納分をちゃんと支払えば、再開できますので、その点は安心です。

 

だからこそ、サービス利用が出来なくなってしまうクレジットカードやキャッシングの支払いを優先してしまう人が多いのです。

 

まずはちゃんと月々の滞納を解消できるように、電気代を支払うことが大事です。

 

電気を止められた人が試すべき復旧情報記事一覧