電気の支払い方法についてガイドします

MENU

口座振替・クレジットカード支払い・振込みの3つの方法

滞納をしている人は、まずは電気の支払い方法を見直してみることをお勧めします。

 

電気の支払い方法には、『口座振替』『クレジットカード支払い』『振込み』の3つの方法があります。

 

この中で、うっかりが原因だったり、手元のお金がなくて滞納になりやすいのが『口座振替』と『振込み』の2つです。

 

現金での支払いが要求されてしまうため、お金がない時には、一番きつい支払い方法です!

 

もしもこの二つの支払い方法を選択している時に、滞納が生じた場合は、親や友人に頼み込んでお金を用意するか、キャッシングやカードローンを利用して現金を用意するか、日払いのアルバイトなどで早急に現金を用意するか、ブランド品などを売って現金を用意することが必要になってきます。

 

ただし、ブランド品の買取りは希望額が必ず貰えると言う確証がなく、日払いの仕事も副業を禁止している会社では、バレタラ失職につながる大きな危険性があるため、現実的には知人たちからお金を借りるか、キャッシングやカードローンを利用する方が楽です。

 

特にこれまでキャッシングやカードローンを組んだことがなく、クレジットカードなどの支払いで滞納がない人の場合は、審査に通る確実が大変高いため、キャッシングやカードローンで借り入れをすることをおススメします。

 

既に何社も多重債務で滞納している人はダメですが、最初に利用する人は、1カ月無金利などのキャンペーンもやっていたりするので、金利を気にしないで安心して利用できます。

 

未払いや滞納を防ぐのであれば『クレジットカード』!

しかし、どうしても電気の支払いで滞納が続くのであれば、『クレジットカード払い』に変えてしまうことをお勧めします。

 

クレジットカード払いであれば、手元に現金がなくても、クレジットカードへ請求が行きますので、当面の支払いは逃れることができます。

 

 

また、どうしてもクレジットカードの支払いがきつい時には、後からリボ払いに変更することもできます。

 

出費が重なり、現金での支払いがきつい時などは、クレジットカード払いの方が有難いです。

 

そのため、クレジットカードをまだ持っていない人は、一枚くらいは作っておくと便利です。

 

クレジットカードだと、クレジットカード自体が滞納などで止められない限りは、支払い漏れがありません。

 

そのため、うっかり系の滞納が多い人にとっては、クレジットカード払いが一番未払いが予防できます。

 

ただし、クレジットカードの支払いも滞納しているようなタイプは、クレジットカード払いも怪しくなってしまいます。

 

クレジットカード払いの人が、何回かクレジットカードが使えなくて、請求が出来ないと、クレジットカード払い自体を拒否されてしまうこともあります。

 

未払いで悩んでいる人にも、色々なタイプがいますので、まずは確実にクレジットカードだったら滞納しないという人には、クレジットカード払いはおススメです。

 

クレジットカードも電気代も滞納が続くような場合は、明らかに収入が足りない状況なので、やはり収入を増やして滞納を予防するしか方法がありません。

関連ページ

電気の支払い期限は?
電気の支払いっていつまでか決まっているの?
支払い期限を過ぎるとどうなる?
支払い期限を過ぎた後の流れが気になる!
電気の延滞金は?
電気代に延滞利息ってあるの?
電気が止まるまでの期間は?
電気代はどこまで滞納できる!?
一度止められた電力はいつ復旧?
止まった電気を復旧してほしい!
自力で送電再開はできるのか?
自力での送電再開は絶対禁止!