電気の支払い期限について紹介します

MENU

電気の支払期限は検針の翌日から数えて30日目

電気の支払い期限は、検針日の翌日を起点として数えます。

 

原則は検針日の翌日から30日目が支払い期限とされています。

 

つまり、検針日の翌日から1カ月以内が大体の期限になります。

 

そのため、検針をしてすぐに支払いをしないといけないというわけではないので、もしもお金が足りない場合は、短期や日払いのアルバイトをして、お金を貯めるという方法もアリです。

 

ただし、公務員や副業を禁止している会社に勤めている人の場合は、副業自体が失業の可能性につながってしまうため、気軽には副業をしようという気持ちになれません。

 

また、ブランド品や貴金属を持っている人であれば、買取である程度換金することが出来ますので、売リ物がある人であれば、ブランド品などの買取りはおススメです。

 

しかし、滞納しているような人の家に、高価買取をしてもらえる商品があるかどうかっていうと、難しいところです!

 

やはり全員が高価買取してもらえるブランド品や貴金属をもっているわけではありませんので、そうなってくると、やはり現実的にはキャッシングやカードローンが有効になります。

 

一番良いのは、やはり親や兄弟に貸してもらうことですが、どうしても貸してくれる人がいない場合は、消費者金融や銀行に頼るのも仕方ありません。

 

電気代のように、数万円の額であれば、キャッシングやカードローンの審査も比較的楽です。

 

ただし、これまで金融事故を起こしたことがある人は、借り入れでの解決は難しくなってしまいます。

 

支払い期限を過ぎてもすぐに電気は止められない!

しかし、支払い期限が過ぎても、簡単には電気は止まりません

 

まだしばらくの間は、電気が止まらずに使用できます。

 

何の予告もないで、電気が急に止まることはありません。

 

そういう意味では、1日や2日遅れても、支払いが出来るのであれば、特に問題はありません。

 

 

多くの場合、支払い期限が過ぎても、使用できる払い込み用紙が多いので、コンビニなどで、料金をしっかり払えば、問題ありません。

 

実際に送電が止められるまでには、支払い期限が過ぎてから、少し時間があるのです。

 

そのため、支払い期限が過ぎてから、1週間〜2週間程度の遅延であれば、送電が止められるまでの事態には発展しないことも多いのです!

 

さすがに検針日から2カ月が経過する場合は、送電を止められてしまう可能性が高いので、注意が必要です。

 

翌月のお給料で、何とか支払いを済ませることが出来れば、早めに滞納を解消してしまいましょう。

 

消費者金融やクレジットカードの支払いなども、基本的には、滞納が2カ月目になってくると非常に厳しくなってきます。

 

それと同じく、電気の滞納も、支払い期限が過ぎてから待ってくれて数週間が良い所です。

 

ライフラインとは言えども、電気代は比較的早くとまってしまいますので注意が必要です。

 

水道料金なんかは、2カ月に1度の請求なので、滞納があっても、なかなか停止になるまで時間がかかりますが、電気代は水道代ほどは待ってくれませんので、やはり早めに滞納を解消しないといけません。

 

関連ページ

電気の支払い方法は?
電気の支払い方法で一番良いのは?
支払い期限を過ぎるとどうなる?
支払い期限を過ぎた後の流れが気になる!
電気の延滞金は?
電気代に延滞利息ってあるの?
電気が止まるまでの期間は?
電気代はどこまで滞納できる!?
一度止められた電力はいつ復旧?
止まった電気を復旧してほしい!
自力で送電再開はできるのか?
自力での送電再開は絶対禁止!