電気代の滞納で残された猶予を確認します

MENU

検診日の翌日から数えて50日〜70日になるとあぶない!

では、実際に電気が止まるのは、どのくらいの期間なのか?

 

電気の使用が止められるのは、基本的には検針日の翌日から50日目〜70日目と言われています。

 

電気会社によっても、かなり対応が違いますし、これまでの滞納状況からも、判断が違ってきます。

 

電気会社に直接相談をしていて、支払う意志を伝えておけば、期日を待ってくれる可能性があります。

 

しかし、公共料金の対応は、基本的に年々厳しくなっている傾向があります。

 

そのため、今は50日〜70日程度の期間だとされていますが、状況によっては、もっと早くに送電停止に追い込まれる可能性も出てきます。

 

未払いの人が多くなっているので、「自分も大丈夫」と変な安心感が出る人もいますが、未払いをなくすために、今は滞納者に対しての対応は、厳しくなっているので気を付けないといけません。

 

電気は一回止められてしまうと、不便で仕方ありません!

 

電気がない生活は、そう長くは我慢できませんので、早く解消する必要があります。

 

早い人は、支払い期限が過ぎてから3週間前後で送電停止になる可能性があります。

 

送電停止の最後通告に、最終的な日時が記載されていますので、やはり電気を止められたくない人は、検針日の翌日から50日目前で支払いを済ませておきたいものです。

 

一度送電が停止されてしまうと、再開するためには、支払い完了の電話連絡が必要になってしまうことが多いため少し面倒です。

 

まずは送電停止の日時を、案内ハガキでちゃんとチェックしておきましょう。

ライフラインで電気は止まるのが早い!

電気はライフラインの中でも、電話に次いで、滞納が続くと止められるのが早いと言われています。

 

これまで水道代金を滞納したことがある人が、「これくらいだったら大丈夫だろう」と甘く見ていると、電気代の場合は、送電停止を食らってしまい、大慌てになってしまいます。

 

特に夏場は熱中症の問題、寒冷地の場合は凍死の問題など、電気が使えないと健康に悪影響を及ぼす可能性がありますので、電気代の滞納で冷房や暖房が使えないというのは、時期によっては死活問題になってきます。

 

特に最近は、夏場に屋内で熱中症にかかり死亡してしまう高齢者の例が相次いでいますので、深刻な問題です。

 

比較的温暖で過ごしやすい季節は良いですが、夏場や冬場の停止は気を付けたいものです。

 

また、夏場や冬場は冷暖房の使用が増え、電気代が倍に膨らむ傾向があります。

 

夏場と冬場の電気代が高くなることは、過去の統計からも明らかですので、夏場と冬場は電気代にかなり金額がかかることを覚悟する必要があります。

 

こまめにこたつや暖房の電源を切ったり、節電することが必要になってきます。

 

いつも通りの感覚で電気代を用意していると、やはり夏場や冬場はお金が足りなくなってしまいます。

 

季節によって冷暖房の使用頻度が増減するのは、ある程度は仕方ないことですので、やはり前もって、長期的に夏場と冬場の電気代を多めに用意しておくことが大事です。

 

ボーナスなどで余裕がある時に、これからかかる見込みの電気代は取っておくにようにしましょう。

 

関連ページ

電気の支払い方法は?
電気の支払い方法で一番良いのは?
電気の支払い期限は?
電気の支払いっていつまでか決まっているの?
支払い期限を過ぎるとどうなる?
支払い期限を過ぎた後の流れが気になる!
電気の延滞金は?
電気代に延滞利息ってあるの?
一度止められた電力はいつ復旧?
止まった電気を復旧してほしい!
自力で送電再開はできるのか?
自力での送電再開は絶対禁止!