電力の復旧時間をチェックします

MENU

電力の復旧は約1?3時間みておこう

Sponsored Link

 

一度止められた電力の復旧は、通常の場合1〜3時間程度です。

 

比較的、すぐに復旧するので安心です。

 

ただし、電力の復旧は、電気会社によっても差が出ます。

 

24時間対応をしている会社もあれば、深夜は対応しないケースもあります。

 

深夜に電気が使えなくなって、不安な夜を過ごす人も出てきます。

 

しかし、深夜対応していない電気会社でも、翌日の午前中にはちゃんと対応してくれますので、それほど心配する必要はありません。

 

未払いさえ解消すれば、基本的には、電気の復旧は、2日も3日もかかりません。

 

すぐに使用できるようになっているので、その日のうちに電気が回復します。

 

早く送電を再開してほしい場合は、早く未払いを解消することです!

 

電気が復旧しないと、夏場や冬場は、地域によっては地獄です!

 

体調に影響が出てきますので、健康のためにも、電気の復旧は必要になります。

 

一人暮らしをしている人の場合は、自分一人だけ我慢をすればよいので、ある程度は我慢できるかもしれません。

 

しかし、家族がいる場合は、電気が止まってしまうと、子供のいじめの原因になってしまったり、子供の心に大きな傷跡を残すことにもなりかねません。

 

電気を止められて、精神的に苦しいのは、自分一人ではありません。

 

幼い子供にも大きな影響を及ぼしますので、やはり滞納をしないで、電気を止められないような生活をすることが大事になってきます。

 

家族がいる人は、家族のためにも未払いを予防しましょう。

支払い後に電話連絡をしないと送電再開しない!?

Sponsored Link

 

また、電気の復旧は、多くの場合『電話連絡』を必要としています!

 

電気会社によって違ってきますが、東電などは、未払いの支払いを完了した後に、電話連絡をすることが送電再開では求められています。

 

何か月も電話代を貯めてしまい、どの面下げて電話をかければいいのか、抵抗がある人もいると思います。

 

しかし、送電再開のためには、電話連絡が必要とあれば、電話をしない限り、電気は復旧しません!

 

ただ未払いを解消しただけでは済まないのです!

 

滞納問題は、電気代だけではありませんが、やはり滞納者と連絡が取れなくなることが、どの場合でも一番不信感が募ります。

 

滞納することは良くありませんが、音信不通の滞納者よりは、頻繁に連絡を入れて来る滞納者の方が、幾分か印象は良いものです。

 

また、未払いを解消した後に、連絡を入れさせることによって、やはり滞納者に、滞納の恥ずかしさを知ってもらうという意味合いもあるのかもしれません。

 

滞納をすることを『恥かしい』と思わないと、滞納の問題は解決しにくいものです。

 

『滞納に慣れてしまう人』は、何度でも滞納を繰り返します。

 

一度だけの滞納であれば、それほど気にする必要はありませんが、やはり何度も何度も滞納するようになってくると、信用は失われていきます。

 

送電はすぐに再開できますが、一度失った信用を回復することは困難です。

 

電気代の滞納を少しでも解消できるように、少しずつでも支払いを正常化させていきましょう。

 

関連ページ

電気の支払い方法は?
電気の支払い方法で一番良いのは?
電気の支払い期限は?
電気の支払いっていつまでか決まっているの?
支払い期限を過ぎるとどうなる?
支払い期限を過ぎた後の流れが気になる!
電気の延滞金は?
電気代に延滞利息ってあるの?
電気が止まるまでの期間は?
電気代はどこまで滞納できる!?
自力で送電再開はできるのか?
自力での送電再開は絶対禁止!